Easy Record Maker
Easy Record Maker

大人の科学マガジン トイ・レコードメーカー

Easy Record Maker Easy Record Maker Easy Record Maker Easy Record Maker

学研とのコラボレーションによるレコードカッティングマシン。使いやすさを念頭に、シンプルなインターフェイスでブランクディスクに音を刻み、すぐに再生することができます。消費者向けのレコードカッティングマシンとしては史上初の試みで、レコードコレクターにも、初めてレコードに触れる人にもふさわしいものとなっています。

カッティング用と再生用のアームの両方を備えており、機能の点からも実にユニークなマシンとなっています。カッティング時はAUXケーブルまたはUSBケーブルで音ソースを入力しながらアームをブランクディスクに落とします。カッティングが終わったら、今度はトーンアームを使って内臓スピーカから音を再生できます。

スズキユウリとそのチームは本製品のコンセプトとインターフェイスをデザイン、学研は技術的な面と生産を担当。コラボレーションの開始は5年ほど前にさかのぼり、当初はDIY楽器のアイデアから始まりました。

季刊科学ムック『大人の科学マガジン』として販売された本商品はデザインとレコードカッティングについてのマガジンが付属。33、45回転の両方に対応し、10枚のブランクディスクが同梱。ブランクディスクはオンラインにて追加で購入することができます。

米国と英国ではEZ Record Makerとして2020年年末にオンライン販売を予定。