Synth Play
Synth Play

巨大なバルーン状のオブジェクトを作った音楽制作インスタレーション

"
Synth Play Synth Play Synth Play Synth Play Synth Play Synth Play Synth Play

Synth Playは簡単な動きを利用して、体を使ってインスタレーションで感覚的に遊びながら音楽インターフェイスを作る試み。

5つのバルーン状のオブジェクトを通し、来場者は体でインスタレーションとフィジカルに関わりながら音楽を感覚的に楽しく作ることができます。会場でバルーンを動かすとセンサーがそれを感知し、流れるサウンドトラック、照明と匂いが変化するのです。来場者は各々自由に音に反応しながら、雰囲気を変化させたり、追想したり、全く新しいものを作り出したりできるのです。

このインスタレーションは、音楽産業の未来を牽引するアイデアや動きを探るイベントとして、東ロンドンのTruman Breweryで開催されたWe Are Robotsミュージックフェスティバルの一環として発表。

Synth Playは人工知能によって次世代のOSを開発する中国のテック企業Ravenとのコラボレーションで実現しました。